opening

先輩社員

●若手社員からのアドバイス

● コアテクノロジー開発本部 N君(2009年度入社)材料科学研究科出身

社員3

(1) 入社のきっかけ

私は学生時代に半導体の物性とプロセス技術を学んでいたこともあり、半導体を扱う仕事に就きたいと考えていました。私のいた研究室と当社が共同研究を行っていたため、すぐに学んでいたことが生かせると思ったことが最初のきっかけです。

またそれだけでなく、会社訪問で実際に先輩方の話を聞き、自分の考えで仕事ができると思ったこと、上司と部下が隔てなく接せられる雰囲気があると感じたこと等から、ここなら気持ちよく働くことができると思い入社を決めました。

(2) 業務の内容など

新製品の開発を手がけています。これまでの当社にない新しい製品を開発し、新規の市場を獲得していくのが使命となります。新規品ですので当社でこれまで培ってきたノウハウを生かせない部分もあり、壁にぶつかることも多々ありますが、その分、壁を乗り越えたときの喜びも大きくなります。また新製品という会社の将来を担う仕事に就けたというのは、身が引き締まる思いがすると同時にやりがいも感じています。

(3) 学生のみなさんへの一言

開発部門では各チームが製品開発に尽力しているのはもちろんですが、社内だけの開発では限度があるため、外部の大学や研究所等と連携して開発を行ったり、展示会やセミナー等に参加したりと、外に出て勉強する機会も多くあります。こういった場に参加すると見識が広まり、良い刺激になります。

また通信教育制度等、自分から勉強したい場合においても会社からしっかりしたフォローをしてもらえます。ですので、たとえ電気電子工学が専門でない人であっても心配することはないかと思います。

皆さんも、当社に少しでも興味を持って頂けたなら会社説明会に参加してみてください。

● 総務部 人事・教育グループ F君(2009年度入社)法政学科出身

社員2

(1) 入社のきっかけ

私は文系出身であったため、就職活動当初はメーカーという業界にあまり着目していませんでした。会社訪問する機会があり、その際にHDKの製品が身の回りの様々なものに使用され、社会に役立っていることや文系でも活躍できるフィールドがあることを知りました。自分が学んできた法律の知識・考え方を生かして、最先端のものづくりを支える仕事がしたいと思い、HDKへの入社を決めました。

(2) 業務の内容など

現在は、社員の給与計算や教育関連の業務に携わっています。また、採用活動では各大学でのガイダンスや会社セミナーに参加して、会社の紹介を行っています。まだ少しずつではありますが、自らの仕事の意味合い(何のために行うのか・何に基づいて行われているのか)を理解し、成し遂げたときにやりがいを強く感じます。

(3) 学生のみなさんへの一言

HDKでは社員教育に力を入れており、教育の費用を会社が全額負担するという点はとても魅力的だと思います。「メーカー=理系」の概念を取り払い、HDKで自分が活躍できるフィールドを見つけてみませんか?

● 高周波部品事業本部 開発部 A君(2011年度入社)環境システム工学出身

社員10

(1) 入社のきっかけ

環境や品質を考えた製品の開発やモノづくりをしたいという観点から、出身地である富山を中心に、企業研究を行っていました。HDKでは、ISO14001、ISO9001等を認証取得しており、環境や品質を考慮したモノづくりに魅力を感じました。会社説明会では、各種センサ製品、抵抗器、基板実装製品等の幅広い製品を開発、製造しており、私達の身近な所に役立つものを開発、製造できる、環境、品質として安全なモノづくりができると思い入社を決めました。

(2) 業務の内容など

私が所属する高周波部品事業本部では、各種センサ製品や圧電部品の開発、製造を主に行っております。私はその中で、半導体センサである圧力センサや気圧センサの設計開発、量産製品の工程改善等に携わっております。製品開発過程の中では、他の部署との連携が大切となり、部門内はもちろんのこと、部門間を越えた業務が率先して行われております。お客様のニーズに合った新製品の開発と、お客様に信頼される品質を提供することにやりがいを感じております。

(3) 学生のみなさんへの一言

私は、専攻が電子工学ではなかったことから、専門知識に不安がありました。しかし、入社後の研修が充実しており、そして自学自習に対して通信教育を通したサポートがあることから、入社後でも勉強できる機会があります。また、私は、週一の余暇活動で汗を流しリフレッシュしております。そこで、先輩方や他の部署の方々と親睦を深める事が出来ます。他にもたくさん御紹介したいことがありますので、是非、会社説明会に参加してください。